HOME  携帯電話のご利用

当院では平成18年11月1日から以下の規定により携帯電話をご利用いただけます。

*規定は、総務省による「医用電気機器への電波の影響を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」に 基づいております。

1.院内ではマナーモードに切り替えてください。
2.通話する場合には指定通話エリアをご利用ください。
3.使用禁止エリアに入るときは電源を切ってください。
4.患者さんのプライバシーに配慮する上で、院内での写真撮影はご遠慮ください。
5.個室以外の病室では、消灯後は電源を切ってください。

(指定通話エリア) (使用禁止エリア)

マナーを守ってご使用ください

電源を切ってください
外来
★正面玄関付近

病棟
★各階面会コーナー
(7時から21時まで、但し緊急時は許可を得る)

★個室病室
(医療機器を使用していない個室病室〈各病棟  師長に確認〉7時から21時まで)
外来
★救急処置室
★診察室(中待ち合いも含む)
★X線撮影室(CT、MRI)
★検査室(内視鏡、生理検査)
★手術室 病棟
★医療機器のある場合の個室病室
★多床病室等の医療機器周辺1m

携帯電話使用可の場所であっても、近く(1m以内)に医療機器のある場合は電源を切ってください。

・・医療用PHSについて・・
当院では職員は「医療用PHS」を使用しています。
この「医療用PHS」は極微弱電波を採用したもので、医療機器等に影響を与えないものを使用しています。
他の携帯端末と区別する為に「医療用」と明記したストラップを使用します。

ペースメーカーをご使用の方へ
電波環境協議会及び総務省により、植え込み型ペースメーカー全機種における携帯電話の干渉距離を調査したところ、最大のもので15cmであることが判明し、指針として22cm離すことにより安全であることが発表されています。また、万が一ペースメーカーが使用中の携帯電話に接近して影響を受けた場合でも、離れることで直ちに正常に作動することが確認されておりますが、不調をお感じになられた場合には、近くの看護師にお伝えください。